地域連携センター

mietan

小論文・作品コンクール

三重短期大学・三十三総研主催 小論文・作品コンクール

三重短期大学と株式会社三十三総研は、産学連携事業の一環として三重短期大学生を対象とした小論文・作品コンクールを毎年実施しています

2023年度 第17回小論文・作品コンクール

テーマ「ダイバーシティを認め合う社会へ~SDGsの目指す理想と現実~」

<応募規定>
【全体】
① 応募は1人(共同作品の場合は1グループ)1作品のみとし、日本語で書かれた未発表のオリジナル作品に限ります。
② 盗用・剽窃が判明した場合は失格となります。著作権や商標権などで第三者の権利を侵害することのないよう十分配慮してください。審査結果発表後であっても、作品に盗用・剽窃が認められた場合は、賞の取り消しをさせていただきます。
③「表紙」を付け、タイトル、学科・学年・学籍番号、氏名(ふりがな)を記入してください。グループ応募の場合は代表者名の後に[代表]と記入してください。
④ 参照した文献がある場合には、本文末尾に「参考文献」として必ず明記してください。
⑤ 図表、文章等を引用する場合には、出所を必ず明記してください。
⑥ 受賞した場合は応募方法に拘わらず、電子データを提出してください(作成した図表も同様)。

【小論文部門】
① 文字数は、参考文献、図表などを除き、4,000字程度とします。
② A4縦用紙に横書きとし、1ページにつき約1,000字で、4~5枚程度としてください。
③ 図表は本文末にまとめて添付してください。

【デザイン部門】
① 提案内容を、A3用紙2枚程度にまとめてください。
② 図、スケッチ、写真、着色等を駆使し、提案内容をわかりやすく表現してください(レイアウトは自由)。
③ コンセプトを800字程度で記入してください。

【レシピ部門】
①レシピは、2 時間以内に調理し提供できる1食または1品とし、A4用紙で提出してください(様式は自由、枚数制限なし)。
②食材費の上限は1食600円、1品300円以内とします。「原価計算表」を1次審査提出書類の中に含めてください。
③「提供する対象者とコンセプト」を 400 字程度で記入してください。また、この文字数とは別に、「1人分の分量」「料理方法」「栄養価(※)」を記入し、出来上がりの写真を添付してください。
 (※)栄養価(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食物繊維、カルシウム、鉄、レチノール活性当量、 ビタミンB1・B2・C、食塩相当量など、一般的な項目のほか、特筆したい栄養価の数値とします。)
④ 1次審査後、最大10グループが2次審査に進み、15番教室(調理実習室)で試作を行います。
⑤ 15番教室(調理実習室)で試作できるのは、1グループ最大5名までです。
⑥ 2次審査に進んだ場合、2食分を試作として提供してください。
⑦ 2次審査に進んだが指定日に試作できなかった場合は、外観と量は写真から評価し、他の項目は標準とします。
⑧ 2次審査に進んだ場合、試作に必要な食材・調味料等はすべて持参してください。
⑨ 持ち込める食材・調味料は栄養価計算に記載されているもののみとし、事前の調理・仕込み等は一切認めません。
⑩ 市販品の食材を使用する場合は、衛生面の観点から新品未開封のみ認めます。(例:ビスケットなど)
⑪ 調味料は賞味期限内のものを小分けにして持参してもよいです。
⑫ 食物栄養学科以外の学生でレシピ部門に提出を考えている場合は、栄養価・原価計算の仕方を相談することができます。(担当:食物栄養学科 教授 阿部稚里)

※「在校生の方へ」のページ内に「小論文・作品コンクール2023」のページを新設しました。同ページには三十三総研が作成した小論文・作品を作成する際の参考となる資料を掲載しています。

<問合せ先>
三重短期大学 「第17回小論文・作品コンクール」
地域連携センター(大学総務課内)  TEL:059-232-2341

 

2022年度 第16回小論文・作品コンクール

 テーマ 「SDGsの実現に重要な『多様性』の視点から~誰もが認めあえる社会と安心して暮らせる明るい未来を目指して~」

2023年1月26日(木)、第16回小論文・作品コンクールの表彰式が開催されました。

 

三重短期大学生を対象に「with/afterコロナ時代の暮らし方~SDGsの視点から~」をテーマとした小論文、レシピ、デザインの募集をしました。
今年の応募数は、小論文部門18作品、レシピ部門12作品、デザイン部門1作品の計31作品でした。
審査委員による厳正な審査の結果、各賞の受賞者を以下の通り決定しました。

第16回小論文・作品コンクール表彰者一覧・小論文要旨

過去のコンクールの結果は、下記のリンクから見ることができます。

2021年度 第15回小論文・作品コンクール

 テーマ 「with/afterコロナ時代の暮らし方~SDGsの視点から~」

                                         詳細はこちら

 

2020年度 第14回小論文・作品コンクール

 テーマ 「SDGsの視点から考える今後の暮らし方」

                                                                                      詳細はこちら

2019年度 第13回小論文・作品コンクール

 テーマ 「持続可能な社会~SDGsの視点から」

                                                                                      詳細はこちら

2018年度 第12回小論文・作品コンクール

 テーマ 「共生社会」

詳細はこちら

2017年度 第11回小論文・作品コンクール

 テーマ 「共生社会を目指して」

詳細はこちら

2016年度 第10回小論文・作品コンクール

 テーマ 「地方創生~わたしが考える地域の活性化~」

詳細はこちら

2015年度 第9回小論文コンクール

 テーマ 「地方創生~わたしが考える地域の活性化~」

詳細はこちら

2014年度 第8回小論文コンクール

 テーマ 「“いのち”と“くらし”の未来を考える」

詳細はこちら

2013年度 第7回小論文コンクール

 テーマ 「“いのち”と“くらし”の未来を考える」

詳細はこちら

2012年度 第6回小論文コンクール

 テーマ 「地方都市のまちづくりを考える」

詳細はこちら

2011年度 第5回小論文コンクール

 テーマ 「3・11後のライフスタイル」

詳細はこちら

2010年度 第4回小論文コンクール

 テーマ 「これからの働き方を考える」

詳細はこちら

2009年度 第3回小論文コンクール

 テーマ 「これからの働き方を考える」

詳細はこちら

2008年度 第2回小論文コンクール

 テーマ 「環境問題に対する私の意見・提言」

詳細はこちら

2007年度 第1回小論文コンクール

 テーマ 「環境問題に対する私の意見・提言」

詳細はこちら

ページトップ

ミエタン☆ナビ

■検索キーワードから探す