地域連携センター

mietan

地域連携講座

2021(令和3)年度の地域連携講座

 地域連携講座は、地域の身近な話題を本学教員や専門家が分かりやすく解説する講座です。

 

第1回 地域連携講座 2021年9月5日(日)

コンビニ問題を考える~身近なコンビニで、今、何が起きているのか
講師:木村 義和(愛知大学法学部 准教授)
①-1
24時間営業、食品ロスなど様々なコンビニ問題を新聞やテレビでご覧になった方は多いのではないでしょうか。このコンビニ問題に対処すべく、経済産業省や公正取引委員会が活発や動きを見せています。それでは、コンビニ問題とは一体何でしょう。身近なコンビニで、今、何が起きているのか、そして、その問題をどのように解決すべきなのかを解説します。
①-2
コンビニが24時間営業でなくなる?便利さの裏で何が起きているのか、コンビニ問題を解説します。
フランチャイズに関する法的規制と課題
講師:矢島 秀和(白鴎大学法学部 准教授)
②-1
コンビニ、飲食店、学習塾、さらには介護事業まで、私たちの回りには数多くのフランチャイズビジネスが存在し、フランチャイズは今や日常生活に不可欠なまでに浸透しています。しかし、巷にあふれ身近な存在ということは、そのぶん本部と加盟者の間で多くのトラブルが発生しているということでもあります。そこで、フランチャイズビジネスにまつわる代表的な法的トラブルを取り上げ、解説致します。
②-2
コンビニや飲食店…巷にあふれる身近なフランチャイズにまつわる法的問題を、分かりやすく解説致します。

 ・日時:2021年9月5日(日) 13時30分~15時00分
 ・場所:三重短期大学 校舎棟4階 「41番教室」
 ・案内:川上 生馬 (法経科 准教授)

第2回 地域連携講座 2021年10月9日(土) 

生活困窮者支援と地方自治体の課題
講師:坂本 毅啓(北九州市立大学地域創生学群 准教授)
2015年から「生活困窮者自立支援制度」が実施されています。生活に困窮した状況というのは、様々な要因が複合的に重なりあっており、何か一つを解決すれば解消するというものではなく、極めて個別的な対応が求められます。この制度の実施主体は地方自治体です。全国各地の生活困窮者支援の現場の話も交えながら、支援のあり方や地方自治体の課題について考えます。

 ・日時:2021年10月9日(土) 13時30分~
 ・場所:三重短期大学 校舎棟4階 「41番教室」
 ・案内:北村 香織(生活科学科 准教授)

【申込方法】
参加費は無料です。
下記の申込先に、郵送、電話、ファックス、E-mailのいずれかの方法で、希望する講座名、住所、氏名(ふりがな)、電話番号をご連絡ください。(5月24日以降の受付で先着順)

〒514-0112 津市一身田中野157番地
三重短期大学 地域連携センター
(TEL)059-232-2341(FAX)059-232-9647
(Email)232-2341@city.tsu.lg.jp

ページトップ

ミエタン☆ナビ

■検索キーワードから探す