在校生の方へ

mietan

大学総務課からのお知らせ

学生への連絡

大学総務課より

授業料の減免、分納及び徴収猶予について

経済的理由により授業料の納付が困難でかつ学業成績が優秀であると認められた学生には、授業料の全額又は半額が免除されます。また、一時的に学費の支弁が困難であると認められた学生には、授業料の徴収が猶予されます。
授業料の徴収猶予及び減免を希望する学生は、【授業料徴収猶予及び減免に関する規則】及び【同取扱い要綱】を参照し、掲示板に掲示された指定の期日までに大学総務課に申し出て、必要書類を提出してください。)

※ 留年生は、原則申請できません。

特別警報及び警報発表時等について

特別警報及び警報発表時等の授業については原則として次のように取り扱います。また、ホームページにも掲載します。
詳しくは【特別警報及び警報発表時等における授業及び登下校に関する内規】を参照してください。

1.登校前すでに三重県北部又は中部地域のいずれかの市町に暴風警報と大雨警報が同時に発令されている場合

・始業時刻(法経科第1部及び生活科学科にあっては午前8時50分、法経科第2部にあっては午後5時45分)の2時間前までに、発表されている特別警報及び暴風警報が解除された場合は、平常どおり授業を行います。
・法経科第1部及び生活科学科にあっては当日午前11時までに、発表されている特別警報及び暴風警報が解除された場合には、解除時間から2時間後において授業を開始します。ただし、三重県北部又は中部地域のいずれかの市町以外の市町村から通学する学生は、当該市町村において特別警報及び暴風警報が解除されていない場合は、安全のために登校しないでください。
・法経科第1部及び生活科学科においては当日午前11時の時点で、また法経科第2部においては午後4時の時点で、三重県北部又は中部地域のいずれかの市町に特別警報又は暴風警報のいずれかが発表されている場合は、その日の授業は行いません。
・特別警報及び暴風警報の気象警報に起因する交通途絶又は戸外通行による危険性が高いため、登校できなかった場合は、事情を記して届け出れば欠席として取り扱わない。

2.登校後、三重県北中部区域やその他学生の居住する区域に暴風警報と大雨警報が同時に発令された場合には、大学が状況に応じて授業や下校について指示しますので、その指示に従ってください。

3.特別警報及び暴風警報以外の気象警報が発表された場合については、その都度、大学で判断しますので、大学まで問い合わせてください。

地域連携サポーター募集!

三重短期大学では、地域連携サポーターを募集しています。

地域連携サポーターとは?

・地域連携サポーター登録用紙

ページトップ

ミエタン☆ナビ

■検索キーワードから探す